ネズミ駆除で問題を防ぐ|種類と特性を見極める

種類を考える

ねずみ

ネズミによる被害が発生したときは、業者に依頼して駆除してもらうことが大切です。ネズミにはあらゆる種類があり、それぞれ特性が変わってきます。このため、業者に依頼する前にそれぞれの特徴を確かめておくといいでしょう。ネズミの中でもとくにネズミ駆除が難しいといわれているのがクマネズミです。クマネズミは体長17センチから、大きいものだと30センチほどあるものまでいます。このネズミの特徴として、しっぽが長いという特徴がありますが、特に厄介なのが警戒心が強いという点です。警戒心が強いため、人が近づくとすぐに逃走します。このため、ネズミ駆除しようにもなかなか姿を見つけることができないのです。それだけではなく、天井を伝って登ることができるため、行動範囲が広いという特徴があります。特に天井裏等で行動しやすいので、天井から音が聞こえた時はクマネズミがいる可能性もあります。

かなり大型のネズミといわれてるのが、ドブネズミです。ドブネズミは、獰猛であるため攻撃的という特徴があります。それだけではなく、肉や魚類をよく食べることから、食品をかじられてしまうこともあるため気をつけておく必要があります。ただ、天井等を登ることは苦手なため、行動範囲は狭いでしょう。このようにネズミにも沢山の種類がありますが、ネズミ駆除業者はその種類に合わせて、対策方法を考えていきます。このため、ネズミ駆除の効果が高いといえるのです。ネズミによる被害を抑えるのであれば、業者に依頼しましょう。